第2回 国際共同臨床研究推進シンポジウム

OUTLINE

日時
2018年2月20日(火) 10:00〜17:30 (受付開始 9:30)
会場
ホテルエルセラーン大阪「エルセラーンホール」
〒530-0003 大阪市北区堂島1-5-25 JR大阪駅より徒歩10分
参加費
無料(要事前申込み)
定員
400名 ※定員になり次第締め切らせて頂きます。

OPENING 10:00

開会挨拶
大阪大学医学部附属病院 病院長
野口 眞三郎

歓迎の挨拶
医療技術実用化総合促進事業 プログラムディレクター
猿田 享男

第1部 10:10〜15:05

SESSION1

国際共同臨床研究推進の取り組み(10:10〜11:40)

座長
山本 晴子(国立循環器病研究センター)
A
丸山 達也(国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED))
B
岸本 堅太郎(経済産業省 ヘルスケア産業課)
C
藤原 恵一(埼玉医科大学国際医療センター)

ランチ休憩(12:00〜13:00)

SESSION2

データ標準化とAIが拓く未来 ~産官学の取り組み~(13:00~14:20)

座長
山田 知美(大阪大学医学部附属病院)
飛田 英祐(大阪大学大学院医学系研究科)
A
三宅 淳(大阪大学国際医工情報センター)
B
西岡 絹恵(独立行政法人 医薬品医療機器総合機構(PMDA))
C
平河 威(日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社)
D
河本 薫(大阪ガス株式会社)

SESSION3

各施設の国際共同臨床研究の取り組み(14:20~15:05)

座長
花岡 英紀(千葉大学医学部附属病院)
A
中谷 大作(大阪大学医学部附属病院)
B
飯山 達雄(国立国際医療研究センター)
C
秦 友美(国立がん研究センター中央病院)

休憩10分

第2部 15:15〜17:25

SESSION1

アジアの国際共同臨床研究の取り組み (15:15~16:30)

座長
上村 尚人(大分大学医学部附属病院)
A
Changhoon YOO( ASAN Medical Center, KOREA)
B
Changiya KITIYAKARA( Mahidol University, THAILAND)
C
Tzu-Ching MENG( Academia Sinica, TAIWAN)

SESSION2

パネルディスカッション(16:30~17:25)

テーマ
「国際共同臨床研究の活性化に向けた現状と展望」
司会
杉山 大介(九州大学大学院医学研究院)
名井 陽(大阪大学医学部附属病院)
基調講演
感染症ワクチンのグローバル開発の現状と課題
Odile LEROY(European Vaccine Initiative)
パネリスト
丸山 達也、上村 尚人、藤原 恵一、Odile LEROY、Changhoon YOO
Chagriya KITIYAKARA、Tzu-Ching MENG

ENDING 17:25

閉会挨拶
国立がん研究センター中央病院 病院長
西田 俊朗

*プログラムは一部変更になる可能性がございます。